スポンサーサイト

エコと節約を考え、毎日の暮らしを快適にしたいと思います。
テレビ情報でエコ、節約に関する事も記録していきたいと思います。
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |

古着の寄付の方法

エコと節約を考え、毎日の暮らしを快適にしたいと思います。
テレビ情報でエコ、節約に関する事も記録していきたいと思います。
スポンサードリンク
着られなくなった古着は、どのようにしてますか?
リサイクルでも、なかなか買い取ってもらえない場合もありますね!

古着を、寄付できる所があり、役立てて貰えると嬉しいですね。
古着や新品なのに、着ない服など、保管していても、傷む事が多いのですよね。
古着や新品の服は、リサイクル以外に、フリーマーケットなどで活躍する場合もありますが、寄付をしたいと考えているのに、方法が分からないと言う方が、多いと思います。

古着の寄付が出来る場所として、日本救援衣料センター(JRCC)があります。
日本救援衣料センター(JRCC)は、1982年の設立より、世界各地の難民や避難民や被災者を対象に、衣料品の寄贈を行ってくれる所だそうです。

その他には、タイ ミラー財団、カシシ子供の家を支援する会、さくらプロジェクト特定非営利活動法人DEFC NPO法人JFSA、日本ファイバーリサイクル連帯協議会新宿連絡会などがあるようです。
 
古着の寄付の注意ですが、古着の寄付の会や施設によっては古着の寄付が受け入れられるものと受け入れられない物があるようです。

例えば、古着の寄付が受け入れられる物は、新品類では、下着、靴下、パジャマ、タオルタオルケット、シーツ、作業着のみ受付などのようです。

尚、洗濯済の毛布、ズボン、ジーンズ、Tシャツ、ポロシャツ、トレーナー、セーターブラウス、カーディガン、ジャンパー、オーバーコート ブラウス、カーディガンなどのようです。

その他の注意として、子供服は身長80cm以上の上下分かれたものから受付けしてくれるようです。
 
いずれも、シミや傷みの無い物が良いそうです。
ただ、汚れた古着などを送っられて来たり、古着の判断が、難しい場合も多いと思いますので、基本的には、新品の着ない服を目安にされた方が個人的には良いのかと思います。

各、会などのHPや連絡先などがあると思いますので、確認された方が良いと思います。
古着の寄付の送り方ですが、勿論、各、会や施設によって違うとは思いますが、内容を確認して、ダンボール箱または、紙袋にまとめて送る事が多いようです!

古着の再利用については、難しい事もあるようです。
古着を知り合いや友人や近所の方に、送るのも良い悪しの時がありますね。
必ずしも、喜んで着て貰えるとも限りません。
リサイクルなども、利用した事がありますが、運ぶ大変さや管理の大変さの割りに引き取ってもらえる事が少ない経験があります。
世界の必要としている方達に役立てて貰える方が、古着達も輝かしく喜んでもらえるような感じがしますが、せっかく、このような団体や会があるのですから、エチケットや約束ごとを守りたいですね。

(情報が変わっている場合がありますので、参考程度にしておいて下さい)
環境に優しくエコを考えながら、毎日の生活に節約も取り入れて行こうと思います。 お給料は、上がる事なく下がる一方です。支出をどのようにしたら、下げれるか?色んな節約情報を見て勉強して賢い主婦を目指していこうと思います
Copyright (C) エコと節約お得情報. All Rights Reserved.